株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[ビジネス]ホリエモン、再び

沈黙を破ったホリエモン,ITを語る
堀江 貴文氏(元ライブドア社長)

証券取引法違反の疑いで係争中の元ライブドア社長,堀江貴文氏は2008年9月8日,ITproとの単独取材に応じた。堀江氏は8月7日からサイバーエージェントが運営するブログ・サービス「Ameba」で個人ブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」を開設。「思ったことを素直に書きます」と,最高裁判決を前に情報を発信していくことを宣言した。沈黙を破り,約1年半ぶりにメディアの対面取材に応じた堀江氏が,ITを語る。



堀江氏が久々にメディアに登場していました。一審・二審と有罪判決が出たなかで、最高裁判決を待つ身としてどのような心境なのか、また過去のプロ野球参入やフジテレビ買収といった仕掛けのウラ側を語っています。一方でこの人の本質であるIT業界を見抜く眼力はいまだに健在のようで、IT業界の閉塞感について的確な意見を述べていますね。


堀江氏の考えた未来は、テレビの凋落という形で現実となりつつあります。生活のなかで限られた消費時間を奪い合うメディアにおいて、テレビの優先順位はケータイやWebに遅れをとり始めているのです。堀江氏が活躍していた時代は、コンテンツのメインはまだ静止画やテキストだったわけですから、これだけ動画やケータイ小説/漫画といった表現が多様化してきたWebこそが彼の本領が発揮できたことでしょう。端末レベルにおいても、ハンディビデオカメラの普及であったり新型iPodでビデオが標準となっているように、動画コミュニケーションが主流となり始めています。


そんな彼の口から聞くソニー買収やGoogleビジネスモデルの本質も独特の視点が入っていて、なるほどと思えるポイントがあります。やはり彼に時代が追いついていなかったために、つまらない石に躓いてしまったということなのでしょう。また新しいビジネスを始めてもらいたいですね。


スポンサーサイト

別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<[Private]京都の結婚式 | 株式会社エコブランド代表Blog | [IT]mixiモバイルの進化>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

2006年に証券取引法違反容疑で逮捕された堀江貴文氏、通称ホリエモンがBlogを再開しています。 六本木で働いていた元社長のアメブロ http://ameblo... …
2008-11-06 Thu 22:31 TOKYO HUNGRY GO AROUND
∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。