株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[スポーツ]阪神タイガースの仕切り直し

阪神-読売の3連戦において、読売が3連勝して首位に並びました。阪神ファンのオイラとしては非常に口惜しい事態ですが、ココに来ての読売の底力は敵ながらアッパレというカンジでしょうか。何しろ阪神が誇る先発3本柱の安藤、下柳、岩田を打ち崩されて大量得点を献上しているわけですから、素直に読売の勢いと勝利に対する執念が上だったということなのでしょう。


3位以下は大きく引き離しておりCS出場は確定的とはいえ、1位と2位とでは雲泥の差があります。とくに甲子園と東京ドームというそれぞれのホームにおいて、阪神と読売は無類の強さを誇っているわけで、1位通過した方がCSでホームとして戦えるのであれば俄然有利になるという計算が立ちます。


我が阪神タイガースが1位通過するためには、先発ピッチャーがもう2枚ぐらい必要です。福原が復帰してから調子が上がらず、杉山もボーグルソンも目処が立たないという状況でリーソップなんかを先発に回しているわけですが、5回も持たないようなピッチャーばかりでは鉄壁のリリーフ陣といえども疲れが蓄積してしまいます。ココは思い切って久保田や渡辺辺りも先発に突っ込んでみても良いかもしれませんね。


とはいえまったく悲観する状況ではないことも確かです。今岡が復活してくれたことは間違いなく好材料ですし、新井もバッティング練習を再開したそうですからベストメンバーでCSを迎えられそうです。やはりクリーンアップが新井(右)⇒金本(左)⇒今岡(右)⇒鳥谷(左)とジグザグになっていた方が相手投手にとってはイヤらしいですからね。


とにかく残り14試合のうち、6戦が最下位横浜との試合なのでココは取りこぼすべきではないですね。最後の甲子園7連戦の先に、歓喜のリーグ優勝が待っています。そう、なんて言ってもこれは9回裏に逆転する阪神タイガースメソッドのリーグ版ですからね。読売にぬか喜びさせておいてあげましょうかね。


スポンサーサイト

別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[小ネタ]参加してみたい、変わった合コンランキング | 株式会社エコブランド代表Blog | [政治]衆院選を棄権したい>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。