株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[LifeHacks]キャッシュフローゲーム

金持ち父さんでおなじみのロバート・キヨサキさんが開発した「キャッシュフローゲーム」をやってみました。金持ち父さんシリーズを読んでからずっと興味があったのですが、なかなか実際にやる機会がなくて先日ようやくお声がけをいただき、参加することができました。


キャッシュフローゲームはその名のとおり、人生におけるキャッシュフローを向上させていくことで経済的自由を確立させ、最終的には肉体的・精神的にも自由を目指すものです。警察官や医師、トラック運転手などといったそれぞれの職業に対して、支出(コスト)を抑えて収入(キャッシュフロー)を多くしていくというシンプルなルールです。それでも我々の深層意識まで染み付いた労働意識というのはなかなか変えるのが難しいらしく、手持ちの現金に固執したり不動産を高額のローンを組んで購入することにアレルギーがあったり、額に汗を流してお金を稼ぐというのが一般的意識だと思います。


幸いなことに、オイラには“ラットレース”と呼ばれる通常のサラリーマン生活から脱却した友人が何人かいて、それらの交流を通じて通常の金銭感覚からは一段上ったところから見られている気がします。ここ半年くらいは本当に意識転換を重点的に行ない、自分の時間という有限資源を投入してサラリーを稼ぐという労働者的な考え方からは脱却し始めていることを自覚しています。


日本のインフレ率が4%だとして、消費のバランスからいえば本来であれば可処分所得も4%ずつ上がっていかなければいけないわけですが、税率や年金に支払う金額が増える一方で給与所得が変わらないというのは多くの人々が感じていることでしょう。そしてそれは雇用者である以上、ほとんどコントロールできない部分です。


オイラ自身の考え方でいえば、このような給与所得という1つの収入のみで今後の生活を設計することは非常にリスクの高い選択だと感じています。たとえ医師や弁護士といった相対的に収入が高い職業であっても、有限資源である自分の時間を担保にしている以上はどこかで頭打ちになります。(むしろ収入が高い職業の方が生活コストも高く、損益分岐点としては厳しい状況になります)


キャッシュフローに関する知見を得ると、もはや職業による収入の多寡によって勝ち組負け組を論じること自体が馬鹿らしくなります。これは是非、子どものときから教育として知っておくべき生活の知恵だと思いますが、今の学校教育では絶対に教えてくれない内容ですよね。いい加減、教科書に書いてある内容を暗記した知識だけで計る教育⇒何も考えずに言われたことだけやればよい仕事 という多くの人々の人生の時間の無駄遣いをやめさせなければ、日本が復活することはないと思うんですがね。


スポンサーサイト

別窓 | LifeHacks | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[環境]わが街、いたばしの底力 | 株式会社エコブランド代表Blog | [政治]麻生政権誕生>>

この記事のコメント

こんにちは。
キャッシュフローゲームはボクもやりました。

ゲームそのものの完成度はうーんって感じなのですが(笑)、自分がラットレースにいること、そこから抜け出すことも考えず安住してしまっていることを実感できたのは収穫でした。

ボクは今はまだ給与所得者なのですが、もうすぐ自営業者というかスモールビジネスを起業します。

ビジネスモデルうんぬんの前に、自分のセルフイメージを変えること、コントロールすることのほうが大変だなと思ったりしています。

2008-09-28 Sun 16:07 | URL | ニシオ #-[ 内容変更] | top↑
をを。いい傾向ですね(笑)
オイラは良いメンターに出会って、
セルフイメージを上手く転換できました。
左の「MediaMarker」というところから
オススメ書籍に行きますので、是非。
2008-10-07 Tue 00:10 | URL | 住職 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。