株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[ビジネス]日本の株価が下がる意味が分からない

日経平均株価が一時10,000円を切ったと大騒ぎしていますね。まぁどう見てもトヨタなど輸出産業の業績悪化に伴う狼狽売りなんですが、日産自動車は配当利回りベースで約7%、住友商事なんかも約5%とどう考えてもお買い得な状況になっています。食品など内需中心の産業は堅調に推移しているとおり、決して国内消費が低迷しているわけではありませんからいずれ持ち直すと見た方がよさそうです。


金融業界では野村HDがリーマンブラザーズのアジア部門を買収するみたいですし、AIGの日本法人は東京海上などの国内大手保険会社が触手を伸ばしているようです。円高と世界的株安の状況で、内部留保をたくさん持っている日本企業が海外の企業を買収するのは自然なことといえます。国内ではM&Aがあまりできない分、海外で存分に買収していくことでしょうね。


とはいえ日本でも流通など、怪しげな業界はあります。イオンの拡大路線には限界が見え始めていますし、ヤマダ電機を中心とした家電量販店などもキナ臭い雰囲気が漂っています。とはいえ行き場を失った世界の投機マネーが日本に流れ込むことも十分考えられ、信用取引の処分が進めば底を打つでしょうね。


日本円の現金を持っている人は、今のうちに国内株式を買い漁った方がよさそうです。チャンスはピンチの顔をしてやってくるのですね。


スポンサーサイト

別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[ビジネス]戦いとは、いつも二手三手先を考えて行なうものだ | 株式会社エコブランド代表Blog | [New!]やさしい香りに包まれる至福>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。