株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[小ネタ]合コンで赤い糸を演出するサービス

合コン:モテ席大作戦 奈良の学生ベンチャー開発「位置決めシステム」
 ◇男女36人、7組誕生

 合コンの参加者のなるべく多くが、不公平なくそれぞれの好みの異性の近くに座れるように席を決める計算システム「ザ・セキガエ」を、奈良先端科学技術大学院大学(奈良県生駒市)の学生ベンチャー企業「ホープフル・モンスター」が開発した。既にお見合いパーティーで活用され、カップルも誕生。男女の赤い糸を結ぶ手助けをするシステムとして評判を呼びそうだ。



これは面白いサービスですね。合コン参加者に事前に第1-3希望の好みの異性を挙げてもらい、奈良の大学院生が作ったソフトウェアによって、最適な座席の組み合わせを計算するというものです。好みの異性が近くに座れば会話も弾み、意気投合して次に繋がるケースも増えるというわけですね。


甘いな。キャラメルマキアートのフタの裏舐めるぐらい甘いな!


合コンにおけるベストバランスは、男女3vs3だろうと思われます。4vs4以上だと会話が分断されがちになってしまい、どうしても最後まで話さなかった人たちというのが生じてしまいます。合コンというファーストコンタクトの場において目指すべきは、すべての異性と分け隔てなく話すということであって、特定の異性と仲良くしようというスタンドプレーはその会の雰囲気を壊してしまいがちになります。


つまり、第3希望まで挙げるのではなくてメンバーを絞り込むという準備段階での調整が必要となり、願わくば共通の趣味という話題も仕込んでおいた方が無難ですね。男性はどちらかといえば自分が話すのではなく、女性が話しやすいような雰囲気にする必要がありますから、女性が関心を持っている話題を事前に仕入れておくのもよいですね。グルメ、旅行、ペットなんかがキラーコンテンツです。


とはいえこのサービスが想定しているのは、自治体主催のお見合いパーティなどでしょうね。何人も参加者がいる中で、なるべく成約率を上げたいという主催者側の思惑に対して、テクノロジーを使って試行錯誤していく姿勢というのは注目すべきポイントだと思います。


ちなみにこのベンチャー企業の名前は、ホープフル・モンスター株式会社といいます。ホープフルモンスターというのは、進化の過程ででてきた奇妙なかたちをした生き物で、今は怪物で変なものなんだけど、そのうちメインストリームになれるかもしれないっていう希望を抱いている怪物のことだそうです。21世紀のお見合いおばさん的な立場になれるのか、期待したいですね。


スポンサーサイト

別窓 | 小ネタ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[政治]Paul Robin Krugman | 株式会社エコブランド代表Blog | [LifeHacks]ストレスから強みを見つける>>

この記事のコメント

制約率だけに拘るのであれば、私の実証実験によると、
1対1にするか、
15対15以上の規模が良いと思います。

普通の(?)人数が一番制約率が低かったように思います。


ちなみに、女子は4人組での参加を好む傾向にあります。
2008-10-24 Fri 17:03 | URL | KAZ-NOMURA #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
1対1の成約率って、、そこまで行くのが大変だっちゅーの(古)
4人組は分かります。
2008-10-27 Mon 00:52 | URL | 住職 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。