株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[政治]無駄遣いする麻生首相

日経新聞を含めた地方紙というのは、各地方の話題をいったん共同通信に集めて再配布する形を採っています。いわゆる伝言ゲームのようにニュースが駆け巡るわけですが、とあるニュースが新聞によって以下のように変わります。


産経新聞による一問一答。北海道新聞の記者がバカ過ぎます。都合のよさそうな記事を書こうと誘導しているっぽいんだけど、麻生首相に逆に論破されまくり。

【麻生首相ぶらさがり詳報】「ホテルのバーは安全で安い」(22日昼)
【夜会合】

 --夜の会合に連日行っていて、一晩で何万もするような高級店に行っているが、それは庶民の感覚とはかけ離れていると思う。首相はどのように考えるか

「庶民っていう定義を使うのが北海道新聞よく使われるのですか。僕は少なくともこれまでホテルというものが一番多いと思いますけども。あなたは今、高級料亭、毎晩みたいな話で作り替えてますけど、それは違うだろうが」

 --あの高級…

「そういう言い方を引っかけるような言い方やめろって。もうちょっと事実だけ言え。事実だけ。ずーっと、日程だけでも言えるから」

 --あの

「だろ」

 --ホテルが…

「馬尻がいつから高級料亭になったんだ。言ってみろ。そういう卑劣な言い方だめ。きちんと整理して、ね、言わなきゃ。いかにも作り替えれるような話はやめたらいい」



それが共同通信に載ると数々の問答のなかから「ホテルのバーが安い」というネタにしやすい部分が強調されるようになります。でも「逆質問」という形の表現を使っていますね。

首相「ホテルのバーは安い」 夜会合批判に反発
麻生太郎首相は22日、夜の会合で頻繁に高級ホテルを利用し飲食していることについて、記者団から「庶民感覚から懸け離れているのでは」と質問され「ホテルのバーは安全で安いという意識がある」と反発、「これまでのスタイルだし変えるつもりはない」と“麻生流”を貫く方針を宣言した。



そして東京新聞まで至るとハッキリと「庶民の感覚からかけ離れている」という論点を持ち出して、首相が“逆上”したかのように書いていますね。半べそかいて論破されているくせに。

首相『ホテルのバーは安い』 高級店通い 指摘に“逆上”
麻生太郎首相は公務後、頻繁にホテルのバーで飲食している。二十二日、記者団から「何万円もする高級店に連日行くのは庶民の感覚から懸け離れている」と質問された首相はこう反論した。さらに「これまでのスタイル。変えるつもりはない」と、バー通いの続行宣言をした。



もうこんな程度のバイアスかかった記事しか書けないマスコミのぶら下がり取材なんて、時間の無駄遣いですから止めた方がよいのではないでしょうか。一国の宰相が毎日2回もこんなアホな取材を受けている国なんてほかにありませんよ。首相はもっと他の意思決定など重要な職務があるはずなのに、選挙対策でマスコミに出て揚げ足取られて、ホント無駄なことをやっていると思いますね。


そしてこの記者たちも相当な給与をもらってゴシップレベルの記事しか書けないという体たらく。麻生首相がセレブで無駄遣いをしているというイメージを国民に広めると何か良いことがあるんでしょうか?まぁ格差社会という相対的剥奪を煽れば新聞が売れると考えているのでしょうが、それはブログで釣り記事を書くのと同じレベルでお金払ってまでほしい情報ではないでしょうに。


こんなことで世の中に生産性のないお仕事が増えていき、不景気になるわけなんでしょうね。

スポンサーサイト

別窓 | 政治 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[New!]chumby日本上陸! | 株式会社エコブランド代表Blog | [LifeHacks]「頭のよさ」を解釈する>>

この記事のコメント

某IT研究者の池田氏は自分のブログのコメント欄でこう書いていた、これが本当のところだろう。
「いい忘れたが麻生首相に庶民感覚がないことは言うまでもない、昭和30年ころに祖父の吉田茂から1千万円もらって京都は祇園で遊んで来いといわれたのは、久米裕でも知ってる有名な話だ。僕らにとって「高い」とは銀座の特別なバーや料亭で、1晩で数十万円かかる場合で、バーが安いのはいうまでもない。

こういう感覚があるから景気対策も思い切ってやり易い。いわゆるサラリーマン(正規雇用者)の経済状態などは、正直よくわからないので斟酌しない。例えば彼らにとって月数万円の税金などの上昇は高いのか安いのか、難しいのだ。だから景気対策とは所詮イメージでしかない。

だから庶民感覚が彼にあるか否かなど、所詮到底一生浮かび上がれない安サラリーマンが親しみを持って投票してくれる為のキーワードなだけで、本質はどうでもいいことだ。」

この辺りが本当だろうね。麻生首相にとって水割り1杯3000円の高級バーが安いのは当たり前、一方圧倒的多数の正規雇用者である普通のサラリーマンにとってそれが高いのは常識だ。そんなものは麻生に聞くまでもない。

ただ問題は麻生がその高級バーでの飲食を「安い」とこだわる事だろう。彼は23日も言及し、「帝国ホテルの高級バーは誰でも行ける安いところ」にこだわっている。麻生が正直な感想を述べているのは誉めるべきだろう。しかし、そんな常識ではたして、経済対策ができるのだろうか?帝国ホテルでほぼ毎日飲食するのが、日本の普通人でそれに合わせて経済対策をするというなら・・・・・

残念ながら私は普通人ではないので、麻生氏の政策に期待できない。

2008-10-24 Fri 18:41 | URL | yamazaki #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
ソースが池田氏だけに、話10分の1としても100万ですか。
スゴイ金銭感覚なわけですよね。
麻生氏のリフレに関しては、特定利権に絡まなければ
一定の効果はあるのかな、というのが当Blogのスタンスです。
2008-10-27 Mon 00:51 | URL | 住職 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。