株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[IT]mixi年賀状が好まれない、たった1つの理由

ミクシィ年賀状なるサービスが始まるようです。去年あたりからWebで年賀状を作成するなんて流れがありましたが、ついに真打ち登場というカンジでしょうか。個人情報はmixiが担保するらしく、マイミクに対して住所を公開することなく年賀状が送れるというのがポイントみたいですね。しかも博報堂DYが絡んでいるとは。。


正直言って、このサービスはコケそうな気がします。理由はカンタンで、自分がもらってうれしいから利用してみよう、という感覚にさせることができないから。ケータイからmixiにアクセスして、3クリックほどで「あけおめメール」を送ることができるところに、わざわざ別ページを起動してデザインを決め、相手の了解を得てから送信するといったまどろっこしい流れをこなすユーザがどのくらいいるのでしょうか?さらに98円、広告入りでも48円取られるのですから、この辺りの課金も面倒くさそうですね。


そもそも年賀状で、もらってうれしいのは顔が見える相手であり、その人が心を込めて手書きのメッセージでも書いてくれていたら正月からハッピーな気分になるのではないでしょうか。この辺りの感覚はデジタルに代替できるものではなく、年賀状というシステムの生命線とも言えるコミュニケーションの基本です。単にEメールの経路をmixi⇒郵便にしただけという発想では、自分がもらってうれしいから送ってみよう、という気にはならないのです。


とはいえ、年賀状タウンメールなんかは最初からチラシの代替という位置づけなんで結構良い線行くのかな、と思います。チラシはすぐに捨てられてしまいますが、年賀状は少なくともお年玉くじが発表になるまでは保管されるでしょうから、返報性と一貫性を押さえた良い広告媒体になるわけです。


というわけで、オイラは今年もいろいろと年賀状に仕込みを入れようと考えてますよ。そろそろ皆さんがオイラの今年の年賀状を見直してくれている頃でしょうから。。

スポンサーサイト

別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[動画]MTV Music - I Want My MTV | 株式会社エコブランド代表Blog | [小ネタ]汚い猫を見つけたので虐待することにした。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。