株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[真面目]生活保護の現実

認知症の母殺害に猶予判決 京都地裁 「介護の苦しみ」理解示す
介護疲れと生活の困窮から今年2月、合意の上で認知症の母親=当時(86)=を殺害したとして、承諾殺人などの罪に問われた長男の無職、片桐康晴被告(54)=京都市伏見区=に対する判決公判が21日、京都地裁で開かれた。東尾龍一裁判官は「結果は重大だが、被害者(母親)は決して恨みを抱いておらず、被告が幸せな人生を歩んでいけることを望んでいると推察される」として懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役3年)を言い渡した。

判決によると、片桐被告は今年1月末、介護のために生活が困窮し心中を決意。2月1日早朝、伏見区の桂川河川敷で、合意を得た上で母親の首を絞めて殺害し、自分の首をナイフで切りつけ自殺を図った。

論告や供述によると、片桐被告の母親は父親の死後の平成7年8月ごろに認知症の症状が出始め、昨年4月ごろに症状が悪化。夜に起き出す昼夜逆転の生活が始まった。同被告は休職し、介護と両立できる職を探したが見つからず、同年9月に退職。その後、失業保険で生活している際に、伏見区内の福祉事務所に生活保護について相談したが受給できないと誤解し、生活苦に追い込まれて心中を決意した。

殺害場所となった桂川河川敷では、家に帰りたがる母親に「ここで終わりやで」と心中をほのめかし、「おまえと一緒やで」と答えた母親の首を絞め、自らもナイフで首を切り自殺を図った。前日の1月31日には、母親を車いすに乗せ、京都市街の思い出の地を歩く“最後の親孝行”をしたという。

判決理由で東尾裁判官は「相手方の承諾があろうとも、尊い命を奪う行為は強い非難を免れない」としながらも、「昼夜被害者を介護していた被告人の苦しみ、悩み、絶望感は言葉では言い尽くせない」と、追いつめられた片桐被告の心理状態に理解を示した。

また、判決文を読み終えたあと、片桐被告に「朝と夕、母を思いだし、自分をあやめず、母のためにも幸せに生きてください」と語りかけた。同被告は声を震わせながら「ありがとうございます」と頭を下げた。



約2年前の、痛ましい事件です。認知症患者は日本に200万人いると言われる一方で、その介護は家族の力に頼っているのが現状です。生活が昼夜逆転したり徘徊したり、介護者にとっては気の休まる時がない追い詰められた介護疲れと呼ばれる状況に陥ると、このような悲劇が生まれることはしばしばニュースになっている通りです。


昨今の急激な景気低迷により、製造業を中心に非正規労働者を解雇するなど、多くの弱者の生活が脅かされようとしています。意図せずに無職となり、生活に困窮した人にとってのセーフティネットとして生活保護が今後さらに重要になってくることでしょう。

seikatuhogo.jpg


現在、生活保護を受給している世帯数がどのくらいか知っていますか?約100万世帯が生活保護の対象となっています。特に世帯人員が1人、つまり独居高齢者の増加が顕著で、半数の50万世帯を占めています。この数字は増えこそすれ、減ることはないのです。


この状況で若年層に職業を与えない世の中というのは異常です。また氷河期が訪れるのか、と新卒学生たちは恐々としている一方で、約10年前の氷河期に就職できなかった30代は永遠に教育機会を失い、高い給与も得られないために税金も満足に支払えない状況です。こうして未来にツケを支払続けていくのでしょうか。


この相互扶助の仕組みが早晩破たんすることは目に見えています。それが現在30代のオイラが高齢者になったときなのかは分かりません。それでも今の現役世代で何とかしなければ、後に続く子どもたちの世代に先送りになるだけでしょう。変えましょう、世の中を。決めましょう、我々の手で。これだけ社会が混乱している今こそがチャンスなのです。


スポンサーサイト

別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[政治]世界を変えて | 株式会社エコブランド代表Blog | [Books]世界は仕事で満ちている>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。