株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[おバカ]もしホリエモンがイケメンだったなら…?

2006年に証券取引法違反容疑で逮捕された堀江貴文氏、通称ホリエモンがBlogを再開しています。また最近では久々にTV出演するなど、再びメディアへの露出が活発になっていますね。
六本木で働いていた元社長のアメブロ http://ameblo.jp/takapon-jp/


過去の事柄に関してもしも、、はナンセンスですが、ふとTVを観ていてホリエモンがイケメンだったらどうなったんだろうという考えが浮かんだので、ちょっと予想してみることにします。なんだかんだ言って外見的なイメージというのは重要ですから、ホリエモンがもしも福山雅治のような顔をしていた場合の歴史がどう変わっていたのか、時系列的に近いところから振り返ってみましょうかね。


①証券取引法違反
リアル・ホリエモン=日本の株式市場を混乱させた極悪人の守銭奴
イケメン・ホリエモン=新世代の旗手として、日本の財界を刷新するさわやかな社長

②衆院選出馬
リアル・ホリエモン=亀井静香の強力な地盤に敗れ、当選ならず
イケメン・ホリエモン=若年や女性票を取込み衆院選で亀井静香を破り、政界再編の中核に

③ニッポン放送買収
リアル・ホリエモン=フジテレビなどの強力な反対に遭い頓挫、株式を売却
イケメン・ホリエモン=マスコミ支配に切り込んで買収成功、ホリエモンドラマの放送

④プロ野球参入
リアル・ホリエモン=楽天の参入を許し、競合した後に参入失敗
イケメン・ホリエモン=ナベツネを完全に悪者に仕立てあげ、球界に参入していた

⑤ホリエモン登場
リアル・ホリエモン=幼少期からのコンプレックスを武器に成り上がり
イケメン・ホリエモン=…そもそもコンプレックスが少なく、たいした人物にはなっていない


というわけで、ホリエモンがあの風体だったからこそ彼はあそこまで頭が切れて清濁併せ持つ人物になったのだろうと推測します。もちろん、オバマ大統領のように見た目もさわやかで能力も高いという人は存在しますが、日本でそのような人が頭角を現すにはかなりの年月が必要というのが実態でしょう。


ホリエモンは必ずやまた復活して歴史の表舞台に登場するに違いありません。イケメンかどうかなんて、些細な問題なんですよ。

スポンサーサイト

別窓 | おバカ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[政治]バラク・オバマのメッセージ=「Yes, we can.」 | 株式会社エコブランド代表Blog | [政治]世界を変えて>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。