株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[ビジネス]パナソニックが描く未来

パナソニックが三洋電機との資本・業務提携協議開始を発表しました。実現すれば、超巨大家電メーカーが誕生することになります。実際、三洋電機の株価はパナソニックによる公開買付けを見込んで急上昇しており、市場も日本を代表するSANYOブランドの復活を望んでいるようです。


三洋電機が競争力を持つ分野としては、太陽電池や充電池といった家庭用エネルギー製品が挙げられます。中でもeneloopはこれまでパナソニックが得意としていた家庭用電池の市場を根底から覆すような快進撃を続けており、パナソニックとしては復権に喉から手が出るほど欲しい事業でしょう。そして家電でも三洋電機はAQUAのような環境優位性を持った製品を展開していますから、パナソニックの既存事業にも新しい製品ラインを導入できそうです。


まさに相乗効果のありそうなM&Aの典型例といえますが、一方で不採算分野はどのように処遇するのかが気になるところです。恐らく三洋電機の業務用機器なんぞはパナソニックは要らないでしょうし、Xactiなんかもパナソニックの製品とカニバリしそうです。また生産拠点などの統廃合も考えると、なかなか一朝一夕にはいきそうにないというのがホントのところでしょうか。


いずれにしても松下の名前を外してアグレッシブに攻勢に出たパナソニックと、創業家が外れ外資が主導して再建を目指す三洋電機の思惑は一致しています。この業務提携は成算の可能性が高く、今後の日本社会を引っ張っていくようなコングロマリッドが誕生することでしょう。


スポンサーサイト

別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[政治]バラク・オバマ 50の真実 | 株式会社エコブランド代表Blog | [起業]途上国から世界に通用するブランドをつくる。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。