株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[起業]学生起業はローリスク

オイラは学生時代、見聞を広めようと新聞の勧誘員、ホテルのベルボーイ、飲食店のキッチンスタッフ、日払いの引っ越し屋、時給5,000円の家庭教師、学習塾の非常勤講師、、というようなバイトを経験しました。どれも面白い人がいっぱいいて、学生の視野を広げることには役に立ちましたが、実際のビジネスの役に立ったものは1つもないです。そう、1つもないのです。


結局はどれも役割が与えられて、それをちゃんとこなしていればお給料がもらえるというサラリーマンと同じような勤務体系だったので、自分で戦略を立てることもしなければ、売上げを心配することもない。唯一家庭教師だけは、受験に合格する目的があってカリキュラムを作り、それをモチベーションを高めて実践するために頭を使った気がしますが、基本的にはどれも受け身で働いていた気がします。


実際に社会人になって、企業に勤めると自分がやりたいと思うことに対して足かせが多いことを実感します。そもそも企業では自分がやるべき仕事があって、それ以外で会社の戦略に基づいたビジネスプランを構築する必要があって、予算をもらうためには経営層や上司を説得する必要があって、、というような調整をしているうちにビジネスチャンス自体が潰れてしまったり。


もちろん企業という組織は、株主から預かった資本をきちんと利益に結びつける機能が必要ですので、事業を始めるに当たってもリスクを精査することが重要です。企業の本業をより強固のものとするような戦略的思考も必要であり、企業がもつコアコンピタンスと結びつける過程でだいたい95%のビジネスアイディアは潰れてしまうことでしょう。それがイヤだったら、自分で会社を作ればいいんです。


オイラも起業を志す若者と話す機会が増えてきました。まだ学生であるならば、学生というブランドがあるうちに起業することをおススメしています。ダメだったら新卒で企業に入ればいい。どんなバイトを経験したって、自分で営業して、損益を管理して、マーケティングして、成果としての対価をもらう経験には敵わないですし、学生ならどんな人に会いに行っても若気の至りで許してもらえます。


授業も大事、サークルも大事、恋愛も大事です。それでも学生時代の一時期というのは、5年経てばよい思い出となります。それならば思いっきり恥かいて失敗してみて、今後のビジネスに活かせるような能力を培うのも素晴らしい経験になると思います。自分自身の物足りなかった学生時代を振り返りつつ、そんなアドバイスをしてみています。


スポンサーサイト

別窓 | 起業 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[政治]医者は社会的常識が欠落しているという常識 | 株式会社エコブランド代表Blog | [真面目]他人の意見に人生を破壊される現代人が読むべき本>>

この記事のコメント

大賛成。そういうの支援したいねー。
2008-11-23 Sun 06:42 | URL | かとう #-[ 内容変更] | top↑
あなた、サラリーマン向いてないね(笑)
2008-11-27 Thu 14:56 | URL | 住職 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。