株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[イベント]サイエンスアゴラ

台場で行なわれた「サイエンスアゴラ」に参加してきました。日本が誇る最先端の科学技術を分かりやすく展示するイベントで、普段会えない研究者と交流する機会を得ることができました。実際、科学者の側も様々な業界の人々ともっと交流したいという欲求があり、例えば脳科学の分野では棋士の思考を分析するといった面白い試みが行なわれているようです。


特に面白かったのは、「宇宙エレベーター」の話です。

1.宇宙エレベーターを知っていますか?
「宇宙エレベーター」または「軌道エレベーター」をご存じでしょうか? 
それは地上と宇宙をエレベーターでつなぐ、これまでにない輸送機関です。地上から天へと伸びる塔のようなものを想像してください。
かつては突飛な夢物語として受け止められていましたが、理論的には十分実現可能なものであり、近年の技術発展によって、手の届く域に到達しつつあるのです。

現在の宇宙開発の主役であるロケットには墜落や爆発の危険が伴いますが、宇宙エレベーターにはその危険はなく、大気汚染の心配もありません。実現すれば、ロケットに依存していた宇宙開発は大きく飛躍します。訓練を受けた宇宙飛行士でない私たちでも、おそらくは高齢者や体が不自由な人も、宇宙を訪れる機会が得られるかも知れません。



カーボンナノチューブの実用化によって、すでに技術面では実現可能レベルまで漕ぎつけているということで、2030年辺りにはパイロットモデルができるのではないかということです。既存のロケットは成層圏を脱するまでに多大なエネルギーが必要であり、宇宙エレベーターができれば低コストでの輸送が可能となります。すると月や火星の鉱物資源開発であったり、宇宙太陽光発電といった新しい世界の開拓も夢ではないでしょう。



もはや問題となるのは、月の鉱物資源の所有権であったり、どこに宇宙エレベーターを設置するのかといった政治的な課題であろうと言われています。いずれにしろこの分野で日本が世界をリードしていることは頼もしい限りであり、日本が抱える資源エネルギーの安全保障問題を一気に解決できる画期的な技術開発だとも思いますので、今後も注目したいですね。


同じく宇宙ネタではスペースチューブという、無重力を疑似的に体験できる不思議な空間を通ってみました。特殊な繊維でできた大きな布のトンネルの中を通ると、次第に前後左右が分からなくなってくる感覚が面白いです。国内では北九州スペースワールドでも体験できるようですので、ご興味のある方は是非。


もうちょっと身近な話では、水琴窟を普及させるためのフォーラムがあることを初めて知りました。水琴窟は日本のお茶室の入り口など、手洗い場の下に設置されていたりする地中に埋まった陶器で、中に水が落ちるとその音が反響して独特のメロディを奏でるものです。どうやら赤坂に水琴窟ギャラリーがあるようなので、癒しを求めて行ってみようと思います。


それにしても理系のはしくれとして、このような先端技術に触れる機会というのはワクワクしますね。日本科学未来館も含めて、科学がこんなに楽しいものだということをもっと多くの人々に伝えていく必要があると思います。とくに日本は科学技術で発展してきた国なのですから、今年のノーベル賞受賞の流れを上手く後進に伝えていけたらよいですね。


参考記事:
ロケットは歴史の遺物となるか - 書評 - 宇宙旅行はエレベーターで
スポンサーサイト

別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[Books]大金持ちをランチに誘え! | 株式会社エコブランド代表Blog | [LifeHacks]ビジネスを10倍加速するBlogコミュニケーション術>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。