株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[起業]世界と日本を繋ぐ架け橋~海外ビジネスの醍醐味~

RBC定例勉強会で、株式会社waja代表取締役の小安光司さんにお話を伺いました。wajaは世界中にいる個人バイヤーが日本国内向けにファッションを販売するプラットフォームで、外国に在住の日本人バイヤーがまだ日本では未発売のファッションを売っていたりする最先端のeコマースサイトです。waja社の企業理念、「世界と日本を繋ぐ架け橋」という言葉どおり、CtoCのコミュニケーションを活性化する仕組みを提供しています。


まず第一印象として、C(消費者)向けのeコマースは難しいんじゃないか?という先入観がありました。最近の経済市況から小売りは軒並み苦しい状況ですし、Amazonや楽天などが覇を争っているところに参入していくためには、かなりの経営資源が必要だと思ったわけです。実際、商材を海外ファッションに絞っているという段階では、結構ニッチなビジネスなのだという印象でした。


だんだん小安さんのお話を聞いているうちに、それがとんでもない過小評価であることが分かってきました。wajaの現状のビジネスモデルは、「商材=ファッション」「バイヤー=在外邦人」「カスタマー=国内の女性」という規模で運営されています。それが、商材であれば ファッション⇒インテリア⇒生活用品 といった形で拡大可能です。バイヤーも 在外邦人⇒外国人⇒海外ショップ という形で展開できるでしょう。そしてカスタマーもそれぞれの商材にしたがって柔軟に拡大していくことができるわけです。


そして現在のところは、バイヤーの拡大について注力されているということです。wajaで特徴的なのは、バイヤーリーグという仕組みを導入しているところです。すべてのバイヤーはトライアル⇒ブロンズという形で昇格していきます。リーグが昇格するに従い、出品金額も拡大していくということで、バイヤーの信頼度やセンスといった要素を担保しているのです。


たとえばトライアルで10万円分の商品を出品した人が5万円分の商品を売上げた場合、ブロンズに昇格します。そうすると今度は25万円分の商品を出品することができるようになり、どんどんバイヤーとしての規模が拡大していきます。このように個人バイヤーのレバレッジを上げていくことによって、最終的にはプレミアムリーグという無制限に出品できるところまで昇格することができます。つまり、 個人=C に 法人=B のような振る舞いをさせることによって、物販の手数料が収益源であるwajaのビジネスも拡大していくというわけです。


在庫リスクなどはすべてバイヤーが担保しています。wajaは検品や商品撮影といったマーケティングの部分を担当します。つまり、wajaは流通が増えることによって変動費的に管理業務を拡大することができるビジネスモデルというわけですね。これはアーリーステージのベンチャーとしては固定費が少なくて、オイラにとっても参考になる部分でした。


wajaは将来的にはIPOを目指しているようです。実際、VCなどから資金調達を行ない、かなりビジネスを拡大してきています。このプラットフォームを使えば、逆に日本の商材を海外に販売するといったモデルもできるでしょうから、是非猫ちぐらとか、日本の伝統芸能を世界に広める仕組みもつくっていただきたいものです。


また、キャプテンコージの世界一周旅日記も面白いです!こんなに行動力があるからこそ、wajaでいろいろと仕掛けていけるのでしょうね。納得!!


スポンサーサイト

別窓 | 起業 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[スポーツ]スクリーンヒーロー | 株式会社エコブランド代表Blog | [イベント]このままじゃ、私、可愛いだけだ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。