株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[ビジネス]才能のあるレジのおばさんにそれ相応の給料を払う方法

才能あるレジのおばさんにはそれ相応の給料を払ったほうが良い
世の中というのはおかしなもので、才能やら磨き抜かれた技術とは別の部分で給料が決まったりする。例えば業種が変れば、給料の高低が変化したりするわけです。これは給料を貰う人にとっても、サービスを受ける人にとっても、実は不幸なことです。

変な話しですけど、あのオバサンが駄目な高級官僚になれる程度の能力と、奇跡のレジ打ちの才能を持っていたとしたら、選ぶ職業は恐らく高級官僚です。だけど僕はあのオバサンにはレジ打ちしてもらったほうが嬉しいですし、みなさんも偉大な才能が世の中から失なわれてしまうのはもったいないと思うことでしょう。

それでもあのオバサンが選ぶ職業は高級官僚なのです。



才能あるレジのおばさんにそれ相応の給料が支払われない理由
結局のところ、そのおばさんに給与を払っているのはそのスーパーの客で、そのスーパーの客がオバサンの才能に価値をさほど認めていない、というのがその答えになる。



高級官僚のレトリックが高給取りとして正しいかどうかはさておき、dankogai氏の論調を借りればレジ打ちの早いおばちゃんが、今後は電子マネーやICタグの普及によって仕事がなくなってしまうのは見えていて、それは工場のオートメーション化によって雇用されなくなった非正規労働者だったり、コピー機の発展によって転写を生業としていた事務屋さんが商売できなくなったりしたのと同じことだったりしますね。(昔はPOSもなくて、伝票の数字を手打ちしてたんだよな。。スゲー!)


このような単純作業の熟練労働者に対して賃金で報いる方法としては、その圧倒的処理能力を前提とした高付加価値業務を創っていってもらうというイノベーション分野への成果主義ということが考えられます。労務コストであったり、最近の潮流でいえば環境負荷低減の方向に自らの技能を生かしたイノベーションを構築することが、いずれ無くなるであろうレジ打ちという仕事から脱却してパラダイムを変える糸口になります。


レジ打ちの高付加価値業務としては、レジにおける作業工数を減らしてスムーズな会計を可能としたレジ打ちコンサルティングみたいな業務改善であったり、お客さんに商品をどのように袋に入れたらベストかをアドバイスするコンシェルジュみたいな役割を与えてみたら面白いかもしれません。


そして多くのレジ打ちおばちゃんは家庭では主婦であるわけで、商材に関しても熟知しているのであれば献立てをサゼッションするようなマーチャンダイズ・マーケティングを任せてもよいでしょう。メーカーとかとタイアップすればそれだけで小売り側の立場を高めていけるわけで、PB商品企画などでも存在感を発揮できそうです。


労務管理としては、ベースとなるようなレジ打ちのパート時給の上に、売上げUPと連動した成果主義という形でこれら自主的な取組みを主導するような人事制度を構築します。そして最強なレジ打ちおばちゃんはFAするとか仕組みができればいいんじゃないでしょうか。まぁレジ打ちのおばちゃんの例で言ってますが、すべてのサラリーマンに対して適用できる話だったりしますね。


スポンサーサイト

別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[LifeHacks]ツイテナイ日 | 株式会社エコブランド代表Blog | [小ネタ]視覚はだまされる>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。