株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[スポーツ]ウサイン・ボルトと対決してみた

北京オリンピックの興奮冷めやらぬ今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。オイラは元気です。ちょっと天気が悪いせいか身体がなまってきているので、運動したくなりますね。

というわけで、ウサイン・ボルトと100m走を対決してみた。

Top.jpg

このWebサイトは、PUMAのプロモーションなんですよ。ライトニングボルトが金メダルを取ってから作ったのでしょうか。仕事が早いですね。操作はカンタンで、スペース・キーと左右の矢印キーがあれば操作できます。日本語入力をOFFにしなければ操作できないので注意!

Ex.jpg

結局10秒を切れないのは指が遅いということでしょうか。シュウォッチで練習しようかな。。



別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[スポーツ]NO MOre Heros

メジャーリーグ挑戦の先駆者である、野茂英雄投手が引退を発表しました。今季は久々にメジャーのマウンド復帰をしたものの戦力外通告を受け、再起を果たせぬまま現役引退を決意したということです。

メジャー挑戦の先駆者・野茂が現役引退
野球:野茂英雄が現役引退 HPで表明 日米で201勝
不屈のドクターK 野茂引退 渡り歩いた7球団 “直球とフォーク”貫く


以前、当Blogでも採り上げましたが、野茂英雄という存在があったからこそ日本のプロ野球のレベル底上げが図られ、第1回WBCで優勝、北京オリンピックでも金メダルを狙えるような状況にあるということでしょう。そのために野茂投手はアマチュア組織の活性化から力を注いでいるわけです。

野茂投手はNOMO Baseball Club というアマチュア野球チームを主宰しています.野茂投手が所属していた新日鉄堺のグラウンドでプロを目指して日夜練習する選手たちがいます.このような活動は今年になって,欽ちゃん球団などの設立により活性化されています.

そう,野茂英雄は常に開拓者であり続けました.野茂の挑戦を抜きにして今日の日本人メジャーリーガーの活躍はあり得ませんし,厳しいメジャーの世界でトレードや解雇にも屈せず,金字塔を立ち上げました.


奇しくも野茂投手が現役引退を発表した当日、日本のプロ野球選手によって構成された北京オリンピック代表選手が発表されました。野茂投手の恩恵をダイレクトに受けた現役メジャーリーガーのイチロー選手や松坂投手の名前はなかったものの、ダルビッシュ投手や青木選手など、次代を担う若手が中心となった強力なメンバーによって金メダルを獲得することが、野茂投手に対する最大の功労になることでしょう。


今後は指導者として、あるいはオーナーとして、野球界の発展に継続して取り組んでいただきたいものです。彼のような人生観を持った者がトップに立ったとき、日本のプロ野球界も名実ともに世界の頂点に立つのでしょうね。今後の活躍も期待しましょう。


別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[スポーツ]猛虎の年

阪神タイガースにCS進出マジック55が点灯しました。目下のライバルであった中日を3タテし、余勢を駆って横浜に劇的な逆転勝利を収めての本拠地甲子園での読売戦ですから、当然勝って当り前でしょう。あまり油断するのもアレですが、12.5ゲーム差で中日・読売ともに戦意を喪失気味ですからもう興味はオールスター⇒北京オリンピックといったカンジでしょうか。


今年の阪神は、目立った補強といえばFAの新井くらいですが、彼の加入によって若手の目の色が変わったことは大きいですね。鳥谷や関本、林などの主軸候補たちが揃って自らの役割を自覚し、金本、矢野、桧山といったベテラン勢にも活気を与えています。本来であればここには今岡の姿もあってほしかったわけですが、関本や葛城などの活躍を考えれば今年はこのままで行った方がよさそうです。


投手陣はJFKのうちジェフと久保田の調子がイマイチなのが気になりますが、渡辺の台頭と江草や阿部などがフォローしてくれることでしょう。先発は下柳、安藤、岩田が盤石なだけに、福原の復活と上園、鶴の奮起を期待しましょう。というかイイ加減、井川は戻ってこないのかな?


それにしてもココまで強いと、正直敵のチームが可哀想になってきますね。。同じプロとはいえ、広島や横浜などを観ていると明らかに戦力が違い過ぎて戦う前から結果が見えているようなカンジです。せめてオールスターでのマツダの組織票くらいは許してあげましょうかね。



別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[Sports]Derby Day

第75回日本ダービーを観戦してきました。いやはやもう何度目になるんでしょうか、もはや10年以上毎年恒例になっているので忘れてしまいました…レースは1番人気のディープスカイ号が勝ち、NHKマイルカップに続いてのGI連覇を達成しました。鞍上の四位騎手も昨年のウォッカに続くダービー連覇の快挙ということで、勝ち運に乗った人馬の今後の活躍が楽しみです。

DSC00236.jpg


今年のクラシック戦線は混沌としていて、確固たる中心馬が不在の中で混戦が繰り広げられました。ダービーにしても皐月賞を勝ったキャプテントゥーレ号が故障によって戦線離脱し、別路線組のディープスカイ号やアドマイヤコマンド号が人気を集めるなど、力の比較が複雑で例年よりも予想が難しかったレースでした。

DSC00243.jpg


それにしても勝ったディープスカイ号は一頭別次元の末脚で伸びてきて、大外から一気に差し切るという強い勝ちっぷりを見せました。あの切れ味は恐らく距離的には2,400m辺りが限界でしょうから、是非秋には菊花賞ではなく天皇賞(秋)を目標に古馬にチャレンジしてもらいたいですね。

DSC00238.jpg


アグネスタキオン産駒は走りますね~。



別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今年の阪神タイガース

強い!開幕2連勝スタート!!

例年、開幕試合を落とすことの多かった我らが阪神タイガースですが、アニキ金本の活躍によりスタートダッシュに成功しました。つまり、開幕投手という他球団のエース級にめっぽう弱かったという密かなデータもあったりしたんですが、この苦手意識も克服したということになります。


開幕をベテラン安藤で取って、2戦目も若手の岩田で取れたというのも投手陣が安定しているという証左でしょう。当然6回までにリードできればJFKで終わらせることができるので、先発さえ駒が揃えば勝ちパターンに持っていける確率は高くなります。単純計算でも安藤10勝、福原10勝、下柳10勝、上園10勝、能見5勝、ボーグルソン5勝、杉山5勝くらいで55勝は昨年からの戦力で固く取れますから、新戦力の金村や岩田、小嶋、アッチソンでどこまで勝ち星を伸ばせるか楽しみですね。


個人的にピッチャーで注目しているのが渡辺亮です。彼はJFKの前の6回を投げることが多く、先発投手がアップアップになってきたシーンでの 火消し⇒JFKへのつなぎ という重要な役割を担います。当然、登板数は多くなってくるでしょうが、左の江草と併せて大車輪の活躍を期待しましょう。


打撃陣ではやはり4番アニキ金本の存在感に3番新井が加入し、さらに新井の加入で刺激を受けた5番今岡の奮起によってクリーンアップが安定しました。単純な足し算でもこの3番4番5番で300打点は取れるんじゃないでしょうか。そしてそのクリーンアップにチャンスメイクするために、1番赤星2番平野といやらしいバッターが揃えられたことも見逃せません。走者に背負ったときの相手投手へのプレッシャーは大きいでしょうし、それによってクリーンアップにチャンスが生まれるのです。


バッターで注目しているのが、葛城育郎です。現在は代打の切り札的存在でココ1番に起用されることが多いですが、北京五輪で新井が離脱した際にはファーストを任されることになるでしょうからその役割は大きいです。あとは外野の新外国人フォードにやや不安が残るので、早いところ林威助に戻って来てもらいたいところですね。


というわけで今年の戦力を見る限り、どう考えてもセ・リーグ制覇は確実でしょう。問題はクライマックスシリーズ~日本シリーズをどう戦うかですね。まぁ開幕の戦い方からは、短期決戦も大丈夫そうなので安心しています。



別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 株式会社エコブランド代表Blog | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。