株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[LifeHacks]ビジネスを10倍加速するBlogコミュニケーション術

「ビジネスを10倍加速するBlogコミュニケーション術」という講義を行ないました。オイラもこのような個人の雑記レベルでのBlogは綴っているわけですが、今後は本格的にビジネスブログを立ち上げてマーケティングをしていかなければいけないと考えています。そんな個人的な課題意識をまとめた内容として、以下の資料を発表いたしました。





企業に勤めているサラリーマンはあまり考えないことかもしれませんが、フリーランスや独立起業した人間というのは個人の信用度を担保する手段を講じなければいけません。そのために名前が売れていたり、本を出していることがビジネスの拡大への武器となっていくわけですが、まず手始めにビジネスBlogを書くことによって個人ブランドを確立していきましょう、というのが趣旨です。


ある特定分野での専門家として認知されるために、その分野に関するエントリを繰り返し記載し、その話題について興味を持つ人々を引き寄せることによってビジネスは自動的に拡大していきます。いわゆるプル型営業のツールの1つとして、ビジネスBlogは有効であることは知られているわけですが、書き方や表現の方法がまちまちだったりして効果を上げているBlogが少ないというのも実際のところです。


いつもお世話になっている分裂勘違い君劇場のfromdusktildawn氏にアドバイスをいただきながらなんとかレジュメは作ってみたわけですが、正直あんまりプレゼン資料としてはイケてないと思うので、順次ブラッシュアップしてなんとかお金の取れるコンサルティング資料にしてみようと思います。


別窓 | LifeHacks | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

[LifeHacks]厄年の意味

日本には厄年という風習があります。特に女性は30代に2回も厄年に見舞われるという、何とも気が重くなるような年代になっており、女性が30代になるのを嫌がるのもそんなところがあるのかもしれませんね。まぁ、42歳は「しに」、33歳は「さんざん」といった語呂合わせの意味もあるみたいですが。。


実際、厄年がどうして存在するのかというと、傾向としてそのくらいの年代で身体や精神状態に変節を迎えるからだということです。男性であれば25歳にもなればようやく大人になってきて、42歳ではもう体力的に無理はできない、61歳なんて定年を迎えてガクッとくるような年代だということなのですね。女性は男性よりも成長が早いために、19歳で大人になって、33歳でお肌の曲がり角?が来て、37歳ではそろそろ子どもも大きくなってきて、、という頃でしょうか。


いずれにしても1,000年以上昔からある風習について、やはり何かしら意味があると考えた方がよさそうですね。ライフスタイルを見直すタイミングとして、参考にしてみてもよいかもしれません。



別窓 | LifeHacks | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[LifeHacks]失敗のススメ

失敗することは誰でも嫌なことだと思います。特にプレッシャーがかかる場面で失敗すると、もうその分野には立ち入りたくない、というような拒否反応まで出るケースもあります。実際、オイラ自身も失敗ばかりしてきましたし、それによって思い出したくない場面だったり場所もたくさんあります。学生時代なんて先生に怒られない日がないくらいで、たまに大人しくしていると病気なんじゃないかと心配されるほどでした。


そして世の中の偏差値教育~会社という組織における常識としては、失敗することを避けることが喜ばれます。なるべく正解に近いことを論理立てて証明できることが頭が良いということですし、会社組織でもリスク要因を抽出してそれに対応する案を構築することがコンサルタントという人たちが行なう仕事ですね。つまり、「失敗したくない」という人々の共通認識によって社会の大部分が運営されているわけです。


そうすると食品も完璧に安全じゃないと消費者のバッシングを受けますし、官僚さんの仕事なんかはとにかくデメリットを潰していくという形で、税金を使って予算を組んで公共事業を行ないます。その結果ほとんどメリットがない予算ばっかり食う公共事業や誰も使わない道路とかが出来上がり、我々の税金はどんどん上がっていくわけですね。


それでは失敗にメリットはあるのでしょうか?オイラも失敗のエキスパートとして考えてみると、これだけふてぶてしく前向きに開き直ることができる性格も失敗によって鍛えられたおかげです。そしてある程度失敗することに慣れてしまうと、何かを始めるときの期待値が下がって、失敗も折り込んで考えられるようになりますね。そして失敗したとしてもそれに対する修正などが早くできるようになります。そのことを通じて自分自身には対応できる余裕が出来てきますから、それがまた自信となって次の新しいことに挑戦できるわけです。


また自分が失敗したことというのは得てして再現性があって、また同様のことを誰かがやろうとしたときに同じところで躓く可能性が高いです。そうすると自分自身の経験がノウハウとなって適切なアドバイスを提供することができますから、それを生業としたコンサルティング業務もできますね。失敗することによってビジネスを作り出すというわけです。


そんな感じで失敗がライフワークになってくると、成功することがとてもうれしくなります。そもそも上手くいくためにはもう2,3回ぐらい軌道修正が必要だろうな、、と思っていたところが一発で成功してしまうと、逆に拍子抜けというか余裕ができてしまってどうしたものか、という気分になってしまいます。


あまり失敗に慣れすぎてしまうのも考えものですが、必要以上に失敗を怖れなくてもよいというのはオイラの人生の教訓として、重要な要素となっているのです。



別窓 | LifeHacks | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[LifeHacks]「頭のよさ」を解釈する

個人的に「頭がいいなぁ」と思う人の共通点は、解釈が早い人です。1のことを話すと10までとはいかなくても6-7レベルまでは理解してくれる人。その認識レベルから話すことができると説明が要らなくて、アイディアやリスクといった発展的なトークにすぐに進むことができます。


もちろん解釈が間違っている場合もあるんですが、その場合でも認識をすぐに修正できるので話が早い。自分の正当性をあーだこーだと言い訳するよりも、すぐに切り替えができる人の方が好感度が高いですね。だいたい頭のよい人は合理主義なので、建設的なコメントは言っても不毛な議論などは避ける傾向にあります。


解釈の早さというのは、頭の回転というよりはよく整理されているカンジがします。もちろんいろいろと本を読んだり情報をInPutすることは重要なのですが、それについてインデックスというか、関連付けるフックを頭のなかにたくさん用意しているイメージです。とにかくいろんな方向に興味の触手が伸びているエイリアンみたいな人が話していて面白いですね。「あ、そんな分野から変化球投げてきた?」みたいな。


そんな人たちがどこに生息しているかというと、決して偏差値の高い大学とか有名企業とかではなくて、最先端のイベントだったりコミュニティに存在していますね。頭のよい人たちは例外なく好奇心が強くて情報感度が高いですから、「新しい」「画期的」といったタグに弱いんです。そして驚くほど良い人で誠実で、お付き合いしてみたいなーと思わせる“ヘンな”部分もしっかり持ち合わせている人たちです。


そんな、今のところのオイラの「頭のよさ」に対する解釈です。


関連記事
勉強が出来る=何がいい?

別窓 | LifeHacks | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[LifeHacks]Yahoo!知恵袋にネ申が現れた!

このYahoo!知恵袋回答者がスゴイ。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=oremoomaeomo

文脈から察するに現在アメリカにいるみたいですが、相手の立場を慮る洞察力、包み込むようなレトリック、建設的な提案、自分自身を落としながら相手に嫌味なくアドバイスする点、、どれをとってもYahoo!知恵袋なんかで無料相談するにはもったいない!何だかオイラ自身に足りないモノが見えてきたカンジがします。

--Question
今、NAVY(将校)の人と2ヶ月ほど毎日メール交換や
チャットをしています。彼とはインターネットで知り合ったので
まだ会ったことはありません。

でも、とてもマメにメールをくれる(返信を2、3日しないと
彼から忙しいの?ってメールがきます)し、趣味の話も合うし、
今度東京で会おうって言ったらあっさりOKしてくれました。
私は彼に好意があるのですが、彼は私に好意があると思いますか?
私はBFになってくれればと思っています。
ちなみにメールで恋愛話や甘い内容の話はしたことがありません。



--Answer
ま、それはお話をしてから考えたら良いんじゃないですか?
ボーイフレンドになって欲しい、とはなから考えていると
見えるべきものが何も見えませんよ。

私の友達も海軍の将校してましたけど、
ま、普通の人です。
当たりの人だったら、ものすごく紳士ですよ 。
私の友達は当たりなんですけれども、
残念なことに私は男です。

ただし、そういう人柄みたいなことは
実際に話をしてしばらくしないと分からないものです。
はじめっからBF!BF!と思っていることはどうしたってまずいです。

戦争でもビジネスでもそうですけれど、
情報は隠しておいた方が強いですからね。
手を抜かずに時間をかけることです。
まずは、生の情報収集を。

ま、それはさておき
海軍所属の人との楽しいデートのミソを。

失敗談を絶対にいくつか持っていますから
それを聞き出すことをおすすめします。
無茶苦茶面白いですよ。

多分、ものすごく物静かに話すと思いますけれど、
その冷静沈着っぷりから考えられないような
エピソードをふたつはもっていますから。

あと、T.G.I. Friday'sってアメリカの
フランチャイズのレストランが
上野ともうひとつどこかにあるんですが、
多分、彼はもうひとつも知っています。
どっちのT.G.I. Friday'sがおいしいの?と
聞いてみてください。

今のところ、上野じゃない方がおいしいという意見が
出ています。私は上野の方に行って泣きました。

と、いうことで、楽しんできてください。




別窓 | LifeHacks | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 株式会社エコブランド代表Blog | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。