株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[イベント]スマートな男を印象づける技術

メラビアンの法則を知っていますか?プレゼンなどのコミュニケーションの場での影響度において、視覚情報=見た目・表情・しぐさ・視線が55%を占め、聴覚情報=声の質・速さ・大きさ・口調が38%、言語情報=言葉そのものの意味に至ってはわずか7%に過ぎないという、「人は見た目が9割」な法則です。このメラビアンの法則はあまり正しいとは言えませんが、それでもオイラの個人的な感覚では視覚情報は3割程度の影響度があると考えています。


今回のRBC定例では、イメージコンサルティング第一人者の西川淑子先生をお招きして、『マナー&ファッション センスアップ講座~人から好感を持たれる第一印象の作り方~』という勉強会を行ないました。

スマートな男を印象づける技術
西川 淑子
ナツメ社 ( 2006-04-22 )
ISBN: 9784816340925
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


ビジネス現場において気をつけるべきなのが“姿勢”です。現代の職場では、PCに向き合うことがほとんどでしょうが、それによって前傾姿勢や猫背になっている人が増えているということです。実際、オイラも多少猫背になっていて、首なんかが凝り固まってしまっている感じがします。なるべく天から引っ張られているような感覚で、胸を張ってお腹を引っ込めて歩くと次第に姿勢がよくなっていき、ボディラインもシェイプアップされるということです。


また、服装などのカラーコーディネートについても、肌や髪、目の色によって似合う色彩が変わってきます。オイラはどちらかというと色白で、寒色系のちょっとくすんだ色合いの方が実はスマートさを引き出すということが分かりました。とりあえず派手めなワードローブは捨ててしまおうと思います(笑)


“見た目”を気にすることは、攻めというよりは守りという印象です。つまり、決してプラス評価には繋がらないけれど、ちゃんとしていないとマイナス評価になってしまうということです。最低限の清潔感であったりマナーを身に着けることが、ビジネスマンとして重要なのだということを再認識しました。



別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[イベント]著者と読書会をする、ということ

いつもお世話になっているスターブランドさんの読書会に参加しました。今回はスターブランド村尾さんの著書「だれかに話したくなる小さな会社」について、著者ご本人自らと読書会をするという豪華なイベントとなりました。村尾さんはオイラの5年後のロールモデルに勝手に設定させてもらってますから、その一挙手一動足がとても参考になります。


そもそも村尾さんの問題意識として、本の回転が早すぎるということがあります。構想を練って半年かけて本を書いても、実際に本屋に平積みとなって並べられるのはほんの1週間程度、いや平積みになるならまだしも、棚にそっと入れられたり、ひどいときには開封されずにそのまま返本されてしまうケースもあるようです。


せっかく著者からメッセージを伝えたくても、読者の手に渡る前に本の存在自体が消されてしまう、そんな状況に危機感を持った村尾さんは読書会という仕組みを積極的に活用してもらいたいとおっしゃっています。「だれかに話したくなる小さな会社」をテーマにして、職場環境改善を行なう読書会を開いてもよいでしょうし、「小さな会社のブランド戦略」を考えるのもよいでしょう。


今週号のAERAにはオイラの参加している読書会の仲間たちが“カツマー”として登場していました。すでに時代の先端をいくアーリーアダプターの間では、読書会でパワーを充電してビジネスに活かすという方法が流行しています。2009年はもしかしたら、著者と一緒に読書会をしようなんて企画が流行るかもしれませんね。「最近の若者は本を読まない」なんてナメていたら、老いて枯れますよ 置いてかれますよ。




別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[イベント]忘年会議2008に行ってきた

b2008.gif


「百式」田口さん「Passion for the Future」橋本さん主催、Yahoo!JAPAN後援『忘年会議2008』に参加してきました。クリスマスイルミネーションに彩られた東京ミッドタウンのYahoo!JAPANオフィスに潜入し、100名規模での大会議で今年の注目Webサービスや検索ワードの動向などを振り返りました。そして特別ゲストとして、170万部を超える大ヒット作「夢をかなえるゾウ」作者の水野敬也氏も登場し、新刊の「大金星」とともに面白い話を披露してくれました。

大金星
水野 敬也
小学館 ( 2008-12-09 )
ISBN: 9784093862431
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


第一部では「究極ランキング」ということで、我々の生活にインパクトを与えたWebサービスを勝手にランキングにしてしまいました。ランキングは以下のとおり。やっぱりDropBoxはダントツで便利ですな。

1位 DropBox http://www.getdropbox.com/
 超便利なオンラインストレージ。しかも無料!

2位 Evernote http://www.evernote.com/
 脳を拡張する最強のノートメモ

3位 SPYSEE http://spysee.jp/
 あの人の交友関係を探ってしまう検索サイト

4位 TechTalk.jp http://techtalk.jp/
 日本のギーグたち向けの情報共有サイト

5位 Lang-8 http://lang-8.com/
 ネイティブがあなたの外国語を添削してくれるSNS

6位 Auto Vocoder Box β http://www.y2lab.com/showcase/
 あなたの歌声をオンラインで補正できる

7位 GYOROL http://gyorol.bascule.co.jp/
 Webとケータイで魚釣りが楽しめる!

8位 リグレト―みんなで「ヘコむ」を楽しもう! http://rigureto.jp/
 凹んだらみんなが励ましてくれる

9位 終電.jp http://shu-den.jp/
 ケータイからワンクリックで終電検索!

10位 やる夫見聞録 http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html
 「やる夫で学ぶ」まとめサイト


第二部は水野敬也氏の「夢をかなえるゾウ」ウラ話を聴きました。170万部も売れて合コンでもモテモテかと思いきや、すぐに小栗旬くんの話題に持ってかれて終了みたいな話や、とにかくダメ出しから逃げまくる水野流アイディア発想術、水野氏が「夢をかなえるゾウ」の中でも一番好きな習慣=応募する に関するエピソードなど、非常に面白いネタが満載でした。なぜかミズノンノはハイテンションだったし。


第三部ではYahoo!での検索動向から世の中の状況を読み解くデータを披露してもらいました。今年はSNS⇒動画サイトへのトレンド移行が顕著で、検索数No.1もmixi⇒YouTubeになるなど、主に若年層での動画利用が目立っていました。2008年に最も検索されたアルファブロガーは、農林水産相秘書の隣に住んでいたこの人でした。これはのぶい。


第四部は全体会議ということで、2008年の経済不況を吹き飛ばすような画期的サービスを考えました。オイラが考えたのは以下のようなサービスです。

2009年の景気後退からあらたに社会問題となった(新車販売低迷)問題を逆手にとり、あなたは(地方のヤンキー・暴走族)向けに(クラウド改造ラジコン)なるサービスを考案しました。そのサービスはネットを使って(中小企業が持つ先端技術をマッシュアップすること)を実現したので、リピート率が極端に高かったのが特徴でした。

そのサービスの名称は(のび太、いいだろ。ボクのラジコン。)また後年、政府はこのサービスを大きく評価し、2009年から2015年までの経済を「スネ夫景気」と命名した。


ということで、ネタに走りすぎて採用されることはなかったのですが、みんなでいろいろと新しいサービスを考えるのはやっぱり楽しいものです。ちなみに優秀作品は自宅警備員にセキュリティの仕事をさせる「ニート景気」や、Webで電車男を演出する「ウェディング景気」をはじめ、昨今の暗い話題を吹き飛ばすようなネタが多かったですね。


そして忘年会議後はホントの忘年会に突入!いろいろと新しいWebサービスに繋がりそうな話ができて、個人的にもいろいろと収穫があった会でした。みんなやっぱり、意外とエコに関心があるみたいですね。


というわけで、2009年は本格的に様々なサービスをリリースしていくことになりそうです。楽しみです。


別窓 | イベント | コメント:0
∧top | under∨

[イベント]StarBrand×BusinessBank Thanks Xmas Party

いつもお世話になっている、スターブランドさんビジネスバンクさんが主催するクリスマスパーティに参加しました。表参道の小洒落たレストランに「小さな会社のブランド戦略」に関心のある人たちが集まり、「1日1人の自分ファンをつくる」というテーマで2009年の飛躍を誓いました。


とても刺激的な方々がたくさんいらっしゃって、食事を摂るのも忘れて名刺交換とお話をさせていただきました。お会いした方々皆さん、やはり自分自身のブランド戦略に長けていらっしゃって、とりあえずその日はオイラがファンになりましたので、「1日1人の自分ファンをつくる」ことには成功されていたと思います。


村尾隆介さんと浜口隆則さん、本のソムリエ・団長さんのトークセッションでは、それぞれが同じことをおっしゃっていたのが印象的でした。「2009年はチャンスの年である」ということで、厳しい経営環境が逆にその企業の本質を際立たせ、ブランドをつくる役に立つというわけです。


そして村尾隆介さんが出された新しい書籍の紹介も行なわれました。その名もズバリ、「小さな会社のブランド戦略」というわけですが、当然、個人ブランドづくりにも活用できる内容になっています。

小さな会社のブランド戦略
村尾 隆介
PHP研究所 ( 2008-12-10 )
ISBN: 9784569704616



このような志の高いコミュニティに参加させていただいていること自体が、オイラにとってはチャンスそのものです。様々なビジネスアイディアとホスピタリティを分けていただき、刺激を受け続けることによってオイラ自身の成長と事業の発展が進んでいきます。是非とも来年もまた、たくさんの「自分ファンをつくる」とともに、たくさんの方々のファンになっていきたいと思います。



別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[イベント]このままじゃ、私、可愛いだけだ。

スターブランド社主催の「キラキライズム2」を受講してきました。個人ブランドを確立するのに必要な『自分クレド』を作成することがこのセミナーの目的であり、スターブランド代表の村尾さんがこれまで影響を受けてきた言葉たちをご紹介いただき、それを自分の中で消化しながら クレド=信条 に落とし込んでいくという作業を行ないました。


クレドは、ザ・リッツ・カールトンの「紳士淑女をおもてなしする私たちもまた紳士淑女です」というものが有名です。これと同様、自分自身のあるべき姿というものをクレドとしてまとめ、常に携行するというのが最近流行ってきています。日本クレド社なんて会社までできていますね。


作業としてはまず、オイラが最近気になった言葉をピックアップすることからはじめました。「Just Do It」はNIKEのキャッチコピーとして有名ですね。最近読んだ本のなかに出てきて、非常に印象に残っています。「Good Luck!」も同様、結構自分自身を奮起させるキーワードとして好きで、一人でつぶやいたりしている言葉です。あとは「猫になりたい」というのが、スピッツの曲のタイトルでもあって気に入っている言葉だったりしますね。


そこから村尾さんが様々な場面で聞いたりしたキャッチコピーをご紹介いただき、以下の言葉たちを自分クレドのひな形として使わせていただくことになりました。

・その日のことを、その日に終わらす。
 ⇒「Just Do It」に通じる、行動指針です。72時間ルールをオイラも採用します!

・First Time for Everything.
 ⇒「はじめて」を怖がらず、楽しく、進んでやりなさい。今のオイラにピッタリ。

・人は自然と好きな方に向かっている。
 ⇒いつも家のなかで暖かい場所を見つける「猫になりたい」と思います。

・I CAN. BECAUSE I THINK I CAN.
 ⇒根拠なき自信が人を成功に導く。根拠のなさには自信があります(笑)

・このままじゃ、私、可愛いだけだ。
 ⇒結構深い言葉です。外見だけじゃなくて、内面も魅力的にならなければ。


このセミナーに先に参加した友人も絶賛していたように、クレド=行動指針 をつくることによって、ひまわりが太陽に向くように自然とその言葉が示す方向に向かっていくのだと思います。実際、オイラ自身もスターブランド社にお世話になるようになって、かなり自分のビジネスの方向性が明確になったことを実感しています。


今回はテーマカラーをエメラルドグリーンテーマ主人公をインディ・ジョーンズという風にも決めました。ジョーンズ博士のように、いろいろ紆余曲折ありながらも最終的には何とか上手くいくみたいな、これまでと同じような楽しい人生を歩んでいきたいものです。自分クレド、オススメですよ!



別窓 | イベント | コメント:4 | トラックバック:1
∧top | under∨
BACK | 株式会社エコブランド代表Blog | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。